2017年7月27日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第17週第100話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第17週は『運命のひと』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第100話の内容

みね子は代役として、生コマーシャルに出演することになりました。

 

初めてのテレビ局に緊張するみね子でしたが、もっと緊張するのは台詞があることでした。

 

しかも、その台詞が「お父さん、今日も一日ご苦労様」という内容であり、実(沢村一樹)が失踪中だったみね子にとっては酷な言葉でした。

 

当然、リハーサルでは笑顔ができず、言葉も出てこない始末です。

 

落ち込んでいるみね子に、たまたま通りかかった川本世津子(菅野美穂)が声をかけました。

 

「自分の父親を想って口にしてごらん」とアドバイスされ、みね子は実を想って台詞を口にしました。

 

その台詞は、労いの言葉というよりも感謝の言葉に近いものとなりました。

 

その後、みね子は川本に車で送ってもらいます。

 

何故あのような感情で喋ったのかと尋ねられ、みね子は父親の失踪の話をしました。

 

川本は驚きの表情を見せていたのですが、徐々に何か思い当たるような顔つきになり、「お父さんって・・・どんな人?」と尋ねました。

 

みね子は答える代わりに、父親の写真を見せました。

 

それを見た川本は、表情を曇らせたのでした。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第100話の感想

やはり、川本世津子は実のことを知っているようですね。

 

問題なのは、どうして喜ばないかというところでしょう。

 

身元不明の人物を保護していただけなら、家族が見つかってほっとするわけです。

 

しかし、川本にとってはそれほど喜ばしくないようです。

 

これはもしかすると、恋仲になっている可能性もあるかもしれません。

 

朝ドラ『ひよっこ』第17週の第101話は7月28日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク