2017年7月31日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第18週第103話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第18週は『大丈夫、きっと』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第103話の内容

実(沢村一樹)は、雨に濡れていたみね子に傘を差し出しました。

 

みね子は「本当に覚えてないの?」と尋ねると、実は頷きました。

 

そして、今までの経緯を話してくれました。

 

記憶がなく、けれどあちこち傷だらけの実は、ベンチにただ座っていたそうです。

 

雨の日にも座り続けていたため、帰り道だった川本世津子(菅野美穂)に声をかけられたそうです。

 

手当をされたあと、記憶がないことを話すと病院や警察を訪ねることを勧められます。

 

しかし、実は断りました。

 

その理由は、怖かったからです。

 

傷だらけの理由が、誰かを傷つけた可能性があったからです。

 

話を聞いていたみね子は、その可能性を否定しました。

 

家族のために傷ついた話をすると、実はほっとしていました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第103話の感想

こうなると、実の記憶が最後に戻るのかどうかも重要なポイントとなりそうですね。

 

記憶が戻らなくても、本当の家族のもとにいるのが幸せなのか・・・難しいところです。

 

川本世津子の気持ちも考えると、辛いものがありますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第18週の第104話は8月1日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【菅野美穂】ひよっこ朝ドラで川本世津子の女優役を熱演!モデルは存在するのか?

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク