2017年8月3日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第18週第106話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第18週は『大丈夫、きっと』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第106話の内容

みね子と美代子(木村佳乃)は、川本世津子(菅野美穂)の自宅にやってきました。

 

ようやく実に出会えた美代子でしたが、やはり覚えていない様子でした。

 

4人はテーブルに座って話をしようとしましたが、美代子は1人で喋り出します。

 

まずは、実を保護してくれたことを川本世津子に感謝しました。そのおかげで、こうして生きて出会うことができたのです。

 

ただ、何故、今まで病院や警察に届け出なかったのかと責めました。家族がどういう思いで生きてきたのか、考えたことがあるのかと怒鳴ります。

 

それを聞いた実は、自分のわがままのせいだと言いたかったのですが、その前に川本世津子は「出ていって欲しくありませんでした」と自分の気持ちを素直に答えました。

 

生まれて初めて、自宅に帰るのが楽しかったと思える日々を過ごしていたからです。

 

美代子はそれ以上責めることはせず、実を連れて帰ることにします。

 

実のほうは、最後に川本世津子と話がしたいと申し出たのですが、それを否定したのは川本でした。

 

荷物を押し付けられ、実は頭を下げることしか許されませんでした。

 

外に出たみね子は、ようやく家族が揃ったことを実感します。

 

しかし、その足取りは3人ともバラバラでした・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第106話の感想

ようやく、川本世津子の本心が聞けました。

 

今までも察することはできましたが、本人の口からそう言われると感情移入してしまう部分もありますね。

 

しかし、やはり家族のもとに帰る選択となってしまいました。

 

家族がどのように立ち直っていくのか、気になるところです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第18週の第107話は8月4日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク