2017年8月10日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第19週第112話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第19週は『ただいま。おかえり』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第112話の内容

谷田部家は、久しぶりに家族のだんらんとなりました。

 

実(沢村一樹)は、ちよ子(宮原和)進(高橋來)から学校のことをたくさん聞きました。

 

そうやって、失った記憶を1つ1つ取り戻していくことにしたのです。

 

みね子や茂(古谷一行)美代子(木村佳乃)はそんな様子を温かく見守ります。

 

 

次の日。田植えの朝を迎えます。

 

茂が支度をしていると、実が声をかけました。

 

「父ちゃん、実っていい名前ですね。好きです」

 

茂は涙を隠すように、「さっさと行くぞ」と立ち上がりました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第112話の感想

最近は、過去の回想シーンが多く使われています。

 

15分という放送時間だと、物語の進展がほとんどなくなることを痛感しますね。

 

この調子だと、田植えのシーンも今週いっぱいになるかもしれませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第19週の第113話は8月11日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク