2017年8月15日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第20週第116話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第20週は『さて、問題です』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第116話の内容

永井愛子(和久井映見)の部屋でテレビを見ていると、『勝ち抜きクイズ3Q』が始まりました。

 

すると、兼平豊子(藤野涼子)が挑戦者として登場したのです。

 

時子はそれを見て、驚く前に「また、私より先にテレビに出てる!」とみね子がCMに出演したことを思い出したようで、みんなに笑われました。

 

さて、クイズ番組に登場した豊子は、賞金30万とハワイ旅行をかけてクイズに挑戦しました。

 

2人までは順調だったのですが、3人目の東大の小水勉三(大水洋介)が強敵であり、豊子は追い込まれます。

 

しかし、最後の漢字の読み方の問題で『青天目』が登場し、豊子は優勝することができました。

 

「澄子、ハワイに行くぞ」

 

豊子にそう言われ、青天目澄子(松本穂香)は泣きながら喜びました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第116話の感想

ラバーガールの大水洋介さんは、まさかの東大生役で登場しましたね。

 

もちろん、面白いキャラクターは健在だったので、116話を盛り上げる存在となったようです。

 

さて、みね子にはどんないいことが待っているのでしょうか?

 

ただ、その前に幽霊騒動を解決する必要があるかもしれませんね・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第20週の第117話は8月16日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク