2017年8月17日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第20週第118話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第20週は『さて、問題です』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第118話の内容

みね子の仕事終わり、由香(島崎遥香)が現れました。

 

話がしたいと言い出し、竹内邦子(白石美帆)が経営する『月時計』のバーにやってきます。

 

由香はみね子の父親のことについて軽く触れたあと、島谷純一郎(竹内涼真)について尋ねてきました。

 

どうやら、自分がみね子にアドバイスをしたのに、その後の連絡がなかったことが気にいらなかったようです。

 

ただ、どこに住んでいるかも分からない由香に報告しようがないと、みね子は強い態度で言い切りました。

 

そのタイミングで、飲みにやってきた時子(佐久間由衣)久坂早苗(シシドカフカ)が来店し、話に加わります。

 

時子の仕事の愚痴で話が脱線しましたが、みね子と島谷の問題について話し合うことになったのです・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第118話の感想

みね子が徐々に自己主張する女性に変化してきましたね。

 

東京での生活で成長してきたのでしょう。

 

明日は島谷との問題について話しますが、何を語るのか非常に気になるところです。

 

そして、由香の悩みもついに解決するようです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第20週の第119話は8月18日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク