2017年8月21日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第21週第121話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第21週は『ミニスカートの風が吹く』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第121話の内容

新田啓輔(岡山天音)坪内祐二(浅香航大)の姿が見えなくなってしまいました。

 

どうやら、しばらく帰ってきていないようです。

 

みね子(有村架純)、時子(佐久間由衣)、久坂早苗(シシドカフカ)立花富(白石加代子)愛子(和久井映見)は、2人とのエピソードを知らぬ間に語っていました。

 

エピソードは違えど共通していることは、出来の悪い弟のような存在であり、いつも笑っていた良い人たちということです。

 

だからこそ、もう帰ってこないかもしれないと想像すると、なんだか寂しい気持ちになっていました。

 

そんな中、みね子は1つの漫画を手に取ります。

 

タイトルは『恋のひよっこ(初心者)』でした。

 

それは、みね子と島谷純一郎(竹内涼真)の恋愛模様が描かれたノンフィクション作品だったのです。

 

他の人は知っていましたが、ついに本人が気づいてしまったのです。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第121話の感想

漫画家2人の失踪は、意外と尺を取るようですね。

 

ただ、予告のときに2人はしっかりと登場していましたので、明日あたりには戻ってくると思います。

 

どんな理由なのか、楽しみなところです。

 

そして、みね子の反応も気になりますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第21週の第122話は8月22日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク