2017年8月23日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第21週第123話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第21週は『ミニスカートの風が吹く』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第123話の内容

みね子は、自分はつまらない人生なのかもしれないというと、前田秀俊(磯村勇斗)は人と比べる必要はないとアドバイスしました。

 

「オレはみね子の働き方が好きだよ」と言い、仕事が楽しいと思っているならつまらない人生ではないと教えました。

 

みね子は感動し、目に涙をためました。

 

 

一方、世の中ではミニスカートブームとなっていました。

 

火付け役となったツイッギーが人気であり、女性たちの憧れの的でした。

 

内職で洋服を作っている美代子(木村佳乃)も、そのミニスカートを試着していました。

 

その姿を宗男(峯田和伸)滋子(しずちゃん)、実(沢村一樹)に見られてしまいます。

 

恥ずかしがる美代子でしたが、宗男は「女性が常識に縛られないのはいいことだ」とミニスカートの存在を肯定しました。

 

そんな中、実が宗男たちを呼んだ理由を話し出しました・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第123話の感想

どうやら、父親はみね子のことをどうするか考えているようです。

 

茨城に戻すかどうか・・・ということでしょう。

 

しかし、みね子は東京に残る選択をするのではないでしょうか?

 

居場所が東京にもあるからです。

 

その支えとして秀俊が関わるのかどうか、非常に気になります。

 

今日は休みをとって、どこかへ行ったようですが、どこへ行ったのかも気になりますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第21週の第124話は8月24日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク