『出典・ひよっこ公式サイト

 

2017年8月29日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第22週第128話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第22週は『ツイッギーを探せ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第128話の内容

時子(佐久間由衣)は、ツイッギーそっくりコンテストに応募することができませんでした。

 

自分でチャンスを潰してしまったようで、時子は肩を落とします。

 

しかし、その夜、奇跡が起きました。

 

なんと、時子宛てに書類審査が通ったというハガキが来たのです。

 

つまり、時子以外に誰かが応募したことを意味します。

 

みね子(有村架純)と時子が考えていると、ある人物に行きつきました。

 

それは、時子の母親の君子(羽田美智子)です。

 

電話で確認するとやはり事実であり、君子は怒られると思って身構えていました。

 

しかし、今回ばかりはファインプレーであり、時子は「大好きだよ」と伝えました。

 

ただ、最後には「もう、こういうことはしないでね」と言って電話を切りました。

 

時子は、みね子と抱き合って喜びを分かち合いました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第128話の感想

家族や知り合いが勝手に応募して芸能入りするという話は、テレビを見ていると良く聞きますね。

 

ただ、昭和の時代にそれがあったとは考えづらい気もします。

 

そもそも、東京の雑誌が奥茨城村でも売られているのは、少し不自然に感じてしまいます。

 

まあ、物語を面白くするためには、多少の演出は必要なので仕方がないかもしれませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第22週の第129話は8月30日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介