2017年9月1日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第22週第131話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第22週は『ツイッギーを探せ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第131話の内容

『出典・ひよっこ公式サイト

 

みね子(有村架純)時子(佐久間由衣)由香(島崎遥香)久坂早苗(シシドカフカ)は、いつものように『月時計』で飲んでいました。

 

由香が『柏木堂』でバイトを始めた理由が、鈴子(宮本信子)省吾(佐々木蔵之介)に見つけて欲しいからだと知り、「めんどくさいな」と早苗に突っ込まれてしまいます。

 

すると、ドアの隙間から見えた人物に見覚えがあったようで、早苗は出て行ってしまいました。

 

その間、みね子は暇を持て余していると、置かれていた週刊誌に目がいきます。

 

そこには、川本世津子(菅野美穂)の金銭トラブルという見出しがありました。

 

みね子は気になりましたが、見ないことにしました。

 

その後、早苗は戻ってきましたが、何故か動揺しているようでした・・・。

 

 

一方、『あかね荘』でもちょっとした事件が起こっていました。

 

立花富(白石加代子)が胸騒ぎを覚えると、テレビの臨時ニュースで『マツナガ』という人物が亡くなった報道がありました。

 

それは、かつて富が愛した男性でした・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第131話の感想

最近の『ひよっこ』は、複数の出来事が多発するので、ちょっとせかされている印象を受けます。

 

整理すると、早苗のエピソード、富のエピソード、由香のエピソード、時子のエピソード、川本のエピソードが同時進行していることになります。

 

あと1ヵ月の放送ということもあるので、仕方がないことかもしれませんね。

 

もちろん、大本命はみね子の最後の恋がどうなるのかということになりそうです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第22週の第132話は9月2日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介