2017年9月4日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第23週第133話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第23週は『乙女たちに花束を』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第133話の内容

『出典・ひよっこ公式サイト

 

立花富(白石加代子)が、愛人だった松永悠馬(大山真志)の告別式を遠くから見ようと外出します。

 

友達である鈴子(宮本信子)は心配なので、一緒についていくことにします。

 

しかし、それでは『すずふり亭』のホールが人手不足となります。

 

そこでみね子(有村架純)は、由香(島崎遥香)をヘルプとして連れてきました。

 

省吾(佐々木蔵之介)は、娘が戻ってきたことに嬉しさを隠しきれませんでした。

 

ただ、鈴子のほうはぎこちない表情を浮かべます。

 

しかし、お店から出たあとの鈴子は、嬉しさのあまり涙をにじませていました。

 

ようやく、家族のわだかまりがなくなったのです。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第133話の感想

川本世津子(菅野美穂)の不祥事が気になりますね。

 

今週中には分かると思いますが、後半からとなりそうです。

 

さて、久坂早苗(シシドカフカ)の過去が、まさかの展開でしたね。

 

早苗がドラムスティックを隠し持っていたため、これこそシシドカフカさんが採用された理由だったようですね。

 

そして、愛子(和久井映見)もついに片思いから卒業するようです。

 

省吾との恋は実るのでしょうか?

 

朝ドラ『ひよっこ』第23週の第134話は9月5日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介