2017年9月5日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第23週第134話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第23週は『乙女たちに花束を』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第134話の内容

『出典・ひよっこ公式サイト

 

由香(島崎遥香)が『すずふり亭』にヘルプとして入ってくれたことで、午前中の忙しさを乗り切ることができました。

 

予想以上に疲れた由香は、さすがに家族と話をする気力はありませんでした。

 

省吾(佐々木蔵之介)鈴子(宮本信子)は呼び止めることはせず、ただ「ありがとう」と言って見送りました。

 

その後、みね子(有村架純)が口を滑らせたことで由香が『柏木堂』にいることがバレて、赤坂まで戻ってきてくれたことに2人は感動しているようでした。

 

 

一方、立花富(白石加代子)は愛人だった松永悠馬(大山真志)の告別式に参列しませんでしたが、遠くから手を合わせることで気持ちに整理をつけることができました。

 

新しく生まれ変わった富はオシャレをし、「恋でもしようかしら」と言いながら、『あかね荘』の住人たちとお喋りを楽しみました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第134話の感想

新しく生まれ変わった富を見たみね子は、自分も行動しなければと思うようになりました。

 

それは、川本世津子(菅野美穂)を助けることでした。

 

どのように助けるのか、見ものとなりそうですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第23週の第135話は9月6日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介