2017年9月8日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第23週第137話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第23週は『乙女たちに花束を』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第137話の内容

『出典・ひよっこ公式サイト

 

川本世津子(菅野美穂)もいるということで、みね子(有村架純)の部屋で『あかね荘』の女性陣は一緒に寝ることにします。

 

川本世津子は「楽しそう」と、はしゃぎました。

 

それからは、映画撮影の話で盛り上がりました。

 

 

その頃、新田啓輔(岡山天音)坪内祐二(浅香航大)は漫画を描き続けていました。

 

川本世津子も登場し、もはやストーリーがどこへ向かっているのか分からなくなっています。

 

ただ、彼らにしては洞察力が良い部分がありました。

 

それは、みね子と前田秀俊(磯村勇斗)が仲良くなるストーリーにしようと方向性が定まったのです。

 

 

次の日。みね子は怒りながら『すずふり亭』に入っていきました。

 

その理由は、週刊誌の記事でした。

 

なんと、川本世津子を連れ出したのは中年女性という内容だったのです。

 

鈴子(宮本信子)たちは、お腹を抱えながら笑っていました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第137話の感想

まさか、新たなエピソードが追加されると思いませんでした。

 

今までスポットライトが当たらなかった中国料理屋『福翠楼』の福田五郎(光石研)福田安江(生田智子)が何やら行動を起こすようです。

 

もう少し後になるようですが、気になりますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第23週の第138話は9月9日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介