2017年4月18日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第3週第14話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第3週は『明日に向かって走れ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第14話の内容

今日は、青年団会合の日です。

 

谷田部みね子(有村架純)、助川時子(佐久間由衣)、角谷三男(泉澤祐希)は、この日のために念入りに計画を練ってきました。

 

奥茨城村で聖火リレーをすることを実現するためには、青年団で予算を分けてもらう必要があるためです。

 

説明をしてみるのですが、団長で三男の兄でもある角谷太郎(尾上寛之)、副団長で時子の兄・助川豊作(渋谷謙人)は「子供の遊びに付き合ってられない」と却下してしまいます。

 

すると、三男は涙ながらに『奥茨城村が好きでも出て行かなければならない』心境を赤裸々に告白しました。

 

村を出て行った人間すべての故郷である奥茨城村でやるからこそ意味がある・・・と言います。

 

しかし、そうまで言っても、団長の太郎は「お前は現実を見ていない」と突き放した言い方をします。

 

やはりダメなのか・・・と下を向いたとき、「お前たちがたてた予算はでたらめだ」と改善され始めたのです。

 

青年団のもとで、聖火リレーのイベントは現実のものとなっていきました。

 

結局、奥茨城村のことを想っていたのは、みね子たちだけではなかったようです。

 

それを外で聞いていた母親の美代子(木村佳乃)、助川君子(羽田美智子)、角谷きよ(柴田理恵)の母親3人は、我が子の成長を涙ながらに見ていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第14話の感想

聖火リレーのアンカーを走るのは、みね子に決まりました。

 

東京に住む谷田部実に、元気な姿を見せるためでした。

 

その娘の姿を見ることができるのか、今週も目が離せませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第3週の第15話は、4月19日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

360°ビューの使い方!ひよっこの谷田部家やおねしょ布団が見渡せる

ひよっこのツイッターより有村架純スタッフのツイッターも要チェック!

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【南海キャンディーズしずちゃん】ひよっこで小祝滋子のキャストとして登場!

スポンサーリンク