2017年9月23日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第25週第150話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第25週は『大好き』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第150話の内容

『出典・ひよっこ公式サイト

 

愛子の恋の話が終わると、省吾はピースで返しました。

 

それはピースではなく、2番手でも良いというメッセージでした。

 

省吾もまた、妻にずっと恋していると答えたのです。

 

「それでも、愛子さんといた時間は楽しかった。好きな人がいても、恋はできると思うんです」

 

省吾はそう答えると、愛子も了承しました。

 

その後、由香(島崎遥香)が声を上げてしまったことで、みね子たちが盗み聞きしていたことがバレてしまいます。

 

愛子はちょうど良いと思い、その場で由香と鈴子(宮本信子)に家族になれた報告をしてしまいます。

 

すると、みね子に「え、プロポーズはまだですよね?」と言われて、赤面してしまいます。

 

しかし、鈴子は「いいじゃない、そんな細かいことは」と言って、息子の結婚を強制的に決めてしまい、みんなに笑われていました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第150話の感想

昨日はピースだけで終わってしまったので、何事かと思いましたが、なるほどそういう意味でしたか。

 

なんだかんだで、良い夫婦になりそうですね。

 

さて、来週でついに『ひよっこ』は完結します。

 

残すエピソードは、三男とさおり(米子)の恋となります。

 

朝ドラ『ひよっこ』第25週の第151話は9月25日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

スポンサーリンク

人気記事

伊藤沙莉がひよっこの安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

ひよっこの衣装ファッションでみね子たちが着そうな服を紹介