2017年4月19日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第3週第15話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第3週は『明日に向かって走れ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第15話の内容

奥茨城村で聖火リレーを開催することが決まり、村が賑わいを見せ始めました。

 

化学の藤井先生が作ったトーチを、体育の木脇先生(増田明美)が持ち、聖火リレーの走り方を村人に指導します。

 

娘の進路で心配だった助川家、口うるさい角谷家も、この時ばかりは家族で協力し合い、聖火リレーに向けて頑張っていました。

 

そして、迎えた当日。東京から取材にやってきた報道陣の前で、ついに聖火リレー大会はスタートします。

 

最初に走った角谷三男(泉澤祐希)は、奥茨城村を想うと涙が止まりません。

 

「オレを忘れないでくれ」と、村に叫びながら走りました。

 

助川時子(佐久間由衣)は報道陣の前で、自分の夢のために笑顔で走ります。

 

そして、アンカーのみね子は、父親のことを想いながら走りました。

 

点火した炎を見つめていると、みね子は父親の笑顔が脳裏に過ったのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第15話の感想!里美村聖火リレーがモデル

このエピソードはオリジナルではなく、実際に茨城県であった話のようです。

 

里美村聖火リレーが行われ、奥茨城村と同じく村人総出で開催されました。

 

1964年(昭和39年)10月4日は、誰にとっても記念すべき日になったようですね。

 

戦後の復興を象徴する出来事こそ、東京オリンピックだったのです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第3週の第16話は、4月20日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【渋谷謙人】時子の兄『助川豊作』のひよっこキャストで出演!舞台でも活躍する元子役俳優のプロフィール

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【尾上寛之】三男の兄『角谷太郎』のひよっこキャスト!ウシジマやルーキーズの俳優プロフィールを紹介

スポンサーリンク