2017年4月21日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第3週第17話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第3週は『明日に向かって走れ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第17話の内容

東京オリンピックも終わり、季節は秋となりました。

 

角谷三男(泉澤祐希)と助川時子(佐久間由衣)は、憂鬱な毎日を送っていました。

 

聖火リレー大会の祭りで盛り上がっていた家族ですが、現在は昔のような扱いに戻っていたのです。

 

つまり、三男はぞんざいに扱われ、時子は上京を反対され続けているわけです。

 

そんな2人とは違い、みね子は大きな決断をしようとしていました。

 

みね子も上京することを考えていたのです。

 

しかし、母親の美代子(木村佳乃)は「実さんが帰ってくるのを信じて待つ」と言っているため、その考えを否定するような上京を母親に打ち明けられずにいたのです。

 

そんな中、東京から手紙が届きました。

 

差出人は、捜索をしてくれることになった綿引正義(竜星涼)からでした。

 

内容は『なんの進展もない』というものでしたが、みね子と美代子と茂(古谷一行)は、捜してくれる綿引に心から感謝をしていました。

 

ところが、みね子の妹であるちよ子(宮原和)は、偶然その手紙を見てしまい、父親の失踪に気づいてしまいます。

 

ちよ子が夜になっても帰ってこないのを知り、みね子たちはようやく事の重大さに気づくのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第17話の感想

物語は、ようやく実についてピントを合わせ始めました。

 

妹のちよ子が気づいてしまい、谷田部家も父親の失踪を受け入れないといけないようです。

 

みね子の決意も、今週中に聞けるかもしれませんね。

 

東京編がもっとも長いらしいので、茨城の風景とはしばらくお別れになりそうです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第3週の第18話は、4月22日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【渋谷謙人】時子の兄『助川豊作』のひよっこキャストで出演!舞台でも活躍する元子役俳優のプロフィール

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【尾上寛之】三男の兄『角谷太郎』のひよっこキャスト!ウシジマやルーキーズの俳優プロフィールを紹介

スポンサーリンク