2017年4月29日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第4週第24話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第4週は『旅立ちのとき』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第24話の内容

谷田部みね子(有村架純)、助川時子(佐久間由衣)、角谷三男(泉澤祐希)は、集団就職の列車で東京へ向かっていました。

 

母親が作ってくれた最後の弁当を、みね子たちは感謝しながら食べていました。

 

ふと、みね子は、メガネをかけたセーラー服姿の女の子に目が留まります。

 

地元から一緒に出てくる同級生がいないのか、独りぼっちでした。

 

「こっちにおいでよ」とみね子は誘います。

 

話を聞くと、福島の中学生からやってきた青天目澄子(松本穂香)も向島電機に就職するようです。

 

みね子と時子は、同じ職場の仲間を見つけることができて嬉しくなります。

 

その後、列車は止まり、上野駅で子供たちは迎えが来るのを待ちます。

 

みね子たちも、永井愛子(和久井映見)が来るのを待つことになります。

 

先に、三男が世話になる日本橋の米屋・安倍善三がやってきました。

 

みね子と時子は連絡を取ることを約束し、別れます。

 

みね子たちも迎えを待つのですが、永井愛子は遅れてやってきました。

 

名簿を確認するのですが、なんと時子と青天目澄子の分しかありませんでした。

 

追加の採用となっていたはずのみね子ですが、それを証明する名簿がないのです。

 

愛子は、会社に電話するといって消えてしまい、みね子は心細い気持ちになります。

 

ここまで来て帰れない・・・そう思ったとき、ようやく愛子が戻ってきて、名簿があることが確認できました。

 

引率にきていた担任の田神学(津田寛治)と別れ、みね子はようやく東京で生活する自覚を持ち始めるのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第24話の感想

来週から第5週に突入します。

 

第5週は『乙女たち、ご安全に!』になります。

 

トランジスタラジオの工場で、不器用なみね子はちゃんと仕事ができるのでしょうか?

 

藤野涼子さんが演じる兼平豊子八木優希さんが演じる夏井優子小島藤子さんが演じる秋葉幸子も登場しますので、お楽しみに。

 

朝ドラ『ひよっこ』第5週の第25話は、5月1日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

 

スポンサーリンク