2017年5月3日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第5週第27話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第5週は『乙女たち、ご安全に!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第27話の内容

今日は、谷田部みね子(有村架純)の初出勤の日です。

 

タイムカードを押すことから初めてのみね子たちは、戸惑いを隠せません。

 

朝礼では、ライン長の松下明(奥田洋平)から、トランジスタラジオの売上の話がありました。

 

向島電機で製造しているアポロンAR64の売上は好調であり、日本を代表する輸出品となっていました。

 

だからこそ、「それを作っているという誇りと責任感を持って仕事に望んで欲しい」と言います。

 

アイルランドでも工場ができるようで、本家である日本は更に頑張る必要があるとも説明されました。

 

話を聞くたびに、みね子の気持ちは揺れ動きます。

 

その後、寮長の秋葉幸子(小島藤子)と、夏井優子(八木優希)の指導のもとに、トランジスタラジオの基盤作りを教えてもらいます。

 

成績優秀な助川時子(佐久間由衣)は6番、兼平豊子(藤野涼子)は5番に、不安要素があるみね子は4番、青天目澄子(松本穂香)は3番と、簡単なポジションに移されます。

 

午後からは、実際に工場ラインに入って作ってみるのですが、ラインが早々にストップしてしまいます。

 

「4番、トランジスタラジオの向き逆。無理やりねじ込まないで」

 

みね子の初出勤は、ミスから始まってしまいました。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第27話の感想

初仕事は、どんな業種でも大変なものです。

 

農家の生まれであるみね子にとっては、まったく新しい世界で仕事をするため、余計苦労することでしょう。

 

みね子がどのように乗り越えていくのか、注目すべきポイントとなりそうです。

 

青天目澄子も、何か問題を起こしそうな雰囲気ですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第5週の第28話は、5月4日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

竹内涼真が島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎が柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

スポンサーリンク