2017年5月5日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第5週第29話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第5週は『乙女たち、ご安全に!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第29話の内容

真夜中。兼平豊子(藤野涼子)と助川時子(佐久間由衣)は、にらみ合っていました。

 

原因は、谷田部みね子(有村架純)の不器用についてでした。

 

しかし、口論がエスカレートしていくと、話がだんだんズレていきます。

 

豊子のトゲトゲしい態度を、時子は「昔の自分を見ているようで腹が立つ」と言い出します。

 

自分は特別な存在だと思い込み、気を張るのは止めたほうがいいというのです。

 

ここは地方ではなく東京なのだから、「新しい自分になれ」と言います。

 

最後には取っ組み合いのケンカになりますが、みね子が起きたことで和解します。

 

しかし、時子の矛先が、今度はみね子に向かいます。

 

不器用だからといって、学生の頃はウジウジしていなかったと言うのです。

 

それでは、できる仕事もできなくなると言いたいわけです。

 

しかし、みね子にも言い分はありました。

 

学生の時とは違い、仕事の失敗を笑ってやり過ごすことはできません。

 

何より、仕事ができなければ、茨城の家族を養うことができないのです。

 

みね子の本音が聞けて、時子はようやく納得し、そして仲直りをします。

 

その間、かなり大きな声で喋っていたのですが、青天目澄子(松本穂香)だけはまったく起きる気配がありません。

 

それどころか、「私じゃないです、みね子さんです」と寝言をいい始めます。

 

みね子は枕をぶつけて、青天目澄子を叩き起こしたのがきっかけで、寮長の秋葉幸子(小島藤子)夏井優子(八木優希)を含む6人は枕投げを始めました。

 

夜回りをしていた永井愛子(和久井映見)は、その様子を見ていましたが「これも青春か」と口にして、見て見ぬふりをします。

 

 

次の日、気持ちがまとまった6人は、一致団結して仕事をこなすことができました。

 

その日は、みね子が初めてノーミスを達成し、歓喜に沸きました。

 

「みなさん、ありがとうございます。これで日本はアイルランドに負けません!」

 

みね子は、とんちんかんなことを言い、みんなに笑われていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第29話の感想

青春と呼ぶにふさわしい回となりました。

 

明日の回は、みね子の初休日ということで、東京の懐かしい街並みが見られるかもしれません。

 

みね子がどんな休暇を過ごすのか、楽しみですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第5週の第30話は、5月6日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

竹内涼真が島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎が柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

スポンサーリンク