2017年5月6日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第5週第30話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第5週は『乙女たち、ご安全に!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第30話の内容

乙女寮に住む谷田部みね子(有村架純)や助川時子(佐久間由衣)は、今日はお休みです。

 

みね子が仲間たちの予定を聞くと、それぞれの家庭についても同時に知ることになります。

 

青天目澄子(松本穂香)は、この休日をただ眠って過ごしたいと言います。

 

澄子の実家は農家で、朝から晩まで手伝いをしていました。

 

だから、休日があることが嬉しいのだと言います。

 

そんな澄子の家庭は、早くに母親を亡くし、父親は再婚してしまったのだと聞きます。(居場所がないと感じていた)

 

だから、乙女寮という居場所ができて嬉しいと話します。

 

兼平豊子(藤野涼子)は、「女が勉強なんかするな」と言われて育ってきたそうです。

 

だから、休日に勉強できるのが嬉しいと語ります。

 

ちょうどそのとき、永井愛子(和久井映見)がみね子宛ての荷物を持ってきて、話に加わります。

 

愛子も、休日を利用して、戦争で亡くした愛する人の墓参りにいくそうです。

 

みんなの話を聞いたみね子は、自分も父親が失踪してしまった事実を打ち明けます。

 

だから、父親が訪れたことのある『すずふり亭』に挨拶しに行く予定も話します。

 

それぞれの家庭の事情を知り、秋葉幸子(小島藤子)夏井優子(八木優希)は黙って聞いていることしかできませんでした。

 

突如、その沈黙を破るようにドアが開きます。

 

なんと、みね子を尋ねてやってきた男性がいるという知らせでした。

 

みね子が玄関に向かうと、そこには父親の失踪を探してくれている綿引正義(竜星涼)の姿がありました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第30話の感想

ついに、綿引正義とみね子が出会いましたね。

 

みね子の相手役候補として、綿引正義が一歩リードといったところでしょうか。

 

来週からは、実(沢村一樹)の新情報が分かるみたいなので、進展に期待したいですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第6週の第31話は、5月8日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

竹内涼真が島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎が柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

スポンサーリンク