2017年5月11日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第6週第34話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第6週は『響け若人のうた』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第34話の内容

綿引正義(竜星涼)はみね子に告げた(父親が見つかった件)あと、高島雄大(井之脇海)と一緒に乙女寮をあとにしました。

 

綿引は見つけることに自信があるようでしたが、雄大のほうは見つける必要性を疑問に思っていました。

 

見つかることで生まれる辛い疑問があったからです。

 

それは、電話で伝えられた美代子(木村佳乃)と茂(古谷一行)の表情が物語っていました。

 

生きているのに、どうして会いに来ないのか・・・。

 

その想いは、谷田部みね子(有村架純)も同じでした。

 

それから1週間、父親が見つからないことをどこかでほっとしていたのです。

 

しかし、元気が出ない日々は続いていました。

 

そんなみね子を見かねた永井愛子(和久井映見)は、「今のあなたにできることは何もないわよ」と言います。

 

だから、毎日を頑張って生きていることが、みね子に課せられた使命だというのです。

 

神さまがいるかどうかは分かりませんが、少なくとも頑張っている人間を救いたいと思う・・・そう続けます。

 

みね子を励ます愛子の姿を見て、青天目澄子(松本穂香)は「愛子さんは東京のお母さんみたいな存在だなー」と言って、みんなに笑われていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第34話の感想

やはり、父親と出会うのは、もう少しあとになりそうですね。

 

会いたいけど会いたくない・・・みね子の心境がよく分かる回となりました。

 

あと、高島雄大が綿引を見て「お前みたいな良い警官もいるんだな、認識を改めるよ」と気になる言葉を喋っていました。

 

ますます、雄大の謎が深まる回でもありました。

 

朝ドラ『ひよっこ』第6週の第35話は、5月12日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

伊藤沙莉が安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

スポンサーリンク