2017年5月12日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第6週第35話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第6週は『響け若人のうた』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第35話の内容

今日は、みね子の初給与日です。

 

みね子のお給与は1万2千円ですが、食費や税金などが引かれて手取り6千円です。

 

そして、みね子は5千円を実家に仕送ります。

 

寮に戻ると、何やら賑わっていました。

 

給与日には、お店の人が乙女寮で露店を開いており、女の子たちはそこで買い物をするのです。

 

みね子は、妹のちよ子(宮原和)と弟の進(高橋來)のために文房具を60円で買います。

 

次に目が留まったのは、花柄の白いブラウスでした。

 

助川時子(佐久間由衣)にも似合うと褒められ、みね子は買う気になっていました。

 

しかし、値段は950円であり、買うことができませんでした。

 

諦めて戻すと、後からやってきた女の子が買ってしまい、みね子は少し悲しくなります。

 

ところが、その1週間後、奇跡が起こります。

 

美代子(木村佳乃)から荷物が送られてきました。

 

仕送りの感謝が込められた手紙の他に、赤いブラウスが入れられていました。

 

5千円も送ってきたみね子が無理していることを悟った母親が、娘を想って手作りの洋服を送ってきたのです。

 

母親の温かさに、みね子は涙を流していました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第35話の感想

『恋はやさし野辺の花よ』がコーラスで歌われていましたね。

 

平成生まれの方も、知っている方は多いと思います。

 

それは、アーティストの秦基博さんが2015年にカバーしているからです。

 

名曲は、いつの時代に聞いても色あせることはありませんね。

 

そして、みね子の5千円の仕送り・・・素晴らしいですね。

 

平成の価値で換算すると、8万ぐらいだと思います。

 

現在は仕送り0円が当たり前の時代ですが、8万もの大金を送ったわけです。

 

自分の洋服が変えなくても我慢します。

 

それに気づいた母親は、自ら洋服を作って送った・・・胸が熱くなりますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第6週の第36話は、5月13日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

伊藤沙莉が安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

スポンサーリンク