2017年5月13日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第6週第36話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第6週は『響け若人のうた』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第36話の内容

谷田部みね子(有村架純)は、すずふり亭を訪れました。

 

実(沢村一樹)も美代子(木村佳乃)もお世話になったレストランだったので、みね子は挨拶にきたのです。

 

美代子から娘が上京したことを手紙で知らされていた牧野鈴子(宮本信子)牧野省吾(佐々木蔵之介)は、みね子の来店を歓迎してくれました。

 

みね子は初給与で、すずふり亭で食事をすることを決めていました。

 

ただ、予算が少ないのでコロッケを頼むことにします。

 

省吾は「値段は気にしなくていいのに」と言っていましたが、鈴子はみね子の思いを尊重します。

 

ドビソースのかかったコロッケは、みね子の予想をはるかに上回る美味しさでした。

 

みね子は、初給与が出るたびにすずふり亭に通うことを約束し、500円のビーフシチューを食べられる日を楽しみにするのでした。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第36話の感想

今回の演出は、かなり気になりました。

 

普通に考えれば、実のようにすずふり亭の表から店に入れば良いと思います。

 

ところが、みね子が最初に訪れたのは裏で、そこで作業をしていた前田秀俊(磯村勇斗)がわざわざ表まで案内する役を与えられていました。

 

そして、この前田秀俊もまた、みね子の相手役候補として名前が挙がっているイケメン枠となります。

 

この演出をどう捉えるかで、『ひよっこ』の見方が変わるかもしれません。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第37話は、5月15日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

伊藤沙莉が安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

白石加代子が立花富(大家)で出演!朗読の百物語が凄い大女優のプロフィール

島崎遥香が牧野由香(省吾の娘)で出演!AKB卒業後は女優業の演技力に注目

スポンサーリンク