2017年5月15日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第7週第37話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第7週は『椰子の実たちの夢』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第37話の内容

谷田部みね子(有村架純)は綿引正義(竜星涼)と一緒に、実(沢村一樹)の目撃情報があった場所を訪れます。

 

しかし、人通りも多く、実を覚えている者は見つかりませんでした。

 

休憩のため、いつも喫茶店でクリームソーダを注文します。

 

会話の中で、みね子は東京の人混みになれないことを話すと、綿引は面白い話を聞かせました。

 

東京の人は怖くない。何故なら、自分たちと同じ『東京に来た人』ばかりだからです。

 

元から東京にいた人のほうが少ないから、この街にも自然と慣れてくる・・・そう綿引は言います。

 

その日は捜索を切り上げ、みね子は綿引と別れました。

 

 

次の日。みね子たちはコーラスで『椰子の実』を歌いました。

 

『椰子の実』は、故郷を想う者を主観とした歌であり、上京してきた女の子たちはしんみりしてしまいます。

 

その影響が大きかったのは、コーラスを楽しみにしている青天目澄子(松本穂香)でした。

 

父親は再婚してしまい、仕送りをしてもハガキ1枚さえ送ってこない・・・そんな関係なので、戻りたいとは思っていません。

 

しかし、祖母とは仲が良く、会いたいという気持ちが強くなってしまったのです。

 

その夜、青天目澄子はずっと泣いていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第37話の感想

平成なら、寂しくなったら電話でもメールでもLINEでも、更にはスカイプ(テレビ電話)で連絡を取り合うこともできます。

 

交通の便もよくなりましたので、気軽に故郷へ帰ることも可能です。

 

しかし、昭和の人々は、そんな簡単に帰ることはできません。

 

故郷を想って涙を流す方も、きっと大勢いたことでしょう。

 

平成は恵まれた環境であることを再認識できた回となりました。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第38話は、5月16日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

伊藤沙莉が安部さおり(米屋の娘)で出演!ドラマでは癖のある役が多い

スポンサーリンク