2017年5月16日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第7週第38話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第7週は『椰子の実たちの夢』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第38話の内容

青天目澄子(松本穂香)は、仕事でミスを連続で起こしてしまいます。

 

主任の松下明(奥田洋平)も見かねて、「やる気ないなら田舎に帰れ!」と怒鳴ります。

 

みね子たちは、澄子が仕事に集中できない理由を、昨夜に話していた祖母が恋しくなったのでは?と思っていました。

 

その予想が的中してしまったかのようなタイミングで、澄子が仕事終わりにいなくなってしまいました。

 

大好きなカレーライスの日であるにも関わらず、夕飯にも戻ってきません。

 

みね子たちは本当に帰ってしまったと思い、上野駅まで追いかけます。

 

しかし、チンピラにからまれてしまい、あまり捜索できずに戻ってきてしまいました。

 

乙女寮に帰ってきたみね子たちは、澄子が病院に運ばれたことを聞き、慌てて向かいます。

 

ところが、そこには平然とバナナを食べている澄子の姿がありました。

 

どうやら、銭湯に入ったときに寝てしまい、のぼせて運ばれたようです。

 

しかも、仕事に集中できなかった理由は、祖母が恋しくなったからではなく、寝不足のために集中できなかったことが発覚し、みね子たちはため息をつきます。

 

澄子を迎えに来ていた永井愛子(和久井映見)が、みね子たちが心配していたことを伝えると、澄子は泣きながらバナナを食べており、みね子たちを笑わせました。

 

帰り道、カレーライスを食べそこねたみね子たちに、愛子は屋台のラーメンをおごってくれました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第38話の感想

バナナは、本当に高級品でしたね。

 

昭和生まれには、憧れの果物といっても良いでしょう。

 

さて、『ひよっこ』の登場人物で、初めて悪い人たちが登場しました。

 

今までの『ひよっこ』では、いい人しか出て来なかったので、残念な人たちとしか言いようがありませんね。

 

そっちの世界に、実(沢村一樹)が加担していなければ良いのですが・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第39話は、5月17日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

スポンサーリンク