2017年5月18日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第7週第40話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第7週は『椰子の実たちの夢』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第40話の内容

谷田部みね子(有村架純)は、助川時子(佐久間由衣)がオーディションから戻ってくるのを待っていました。

 

ようやく戻ってきた時子は、ぎこちない笑顔を見せてます。

 

それから2人は、オーディションについて話すことはありませんでした。

 

ただ、帰り際、NHKを振り返る時子の横顔を見れば、不合格だったことだけは分かりました。

 

乙女寮に戻ると、青天目澄子(松本穂香)、兼平豊子(藤野涼子)、秋葉幸子(小島藤子)、夏井優子(八木優希)が温かく出迎えてくれます。

 

みんな、内心は結果を聞きたいのですが、とりあえずニコニコしてやり過ごします。

 

すると、永井愛子(和久井映見)がドタドタとやってきて「で、どうだった?」と空気を読まずに尋ねてしまいます。

 

オーディションのことを思い出した時子は、わんわん泣き始めてしまいました。

 

緊張のせいで方言が出てしまった失敗を打ち明けます。

 

すると、愛子は「なら良かった」と安心していました。

 

「全力でやってダメだったら、諦めるしかないけど、全然ダメだったんでしょ?なら、次に頑張ればいいじゃない」

 

それを聞いた時子は、少しふっ切れることができました。

 

ただ、やはりすぐに気持ちを切り替えることは難しく、夢でもうなされる日々が続きます。

 

それを見かねたみね子は、幼馴染の角谷三男(泉澤祐希)を呼ぶことにしたのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第40話の感想

時子の初オーディションは、失敗に終わってしまいましたね。

 

第40話から離れてしまっては、物語的にもおかしくなってしまいますので、なんとなくは想像できていました。

 

そして、ようやく三男が合流するようです。

 

ここで男をあげれば、時子に近づくことができるかもしれませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第41話は5月19日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

スポンサーリンク