2017年5月19日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第7週第41話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第7週は『椰子の実たちの夢』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第41話の内容

助川時子(佐久間由衣)がオーディションに落ちてから元気がなくなったことを知り、谷田部みね子(有村架純)は角谷三男(泉澤祐希)を呼ぶことにしました。

 

日曜日は定休日ではないのですが、三男は米屋の店主である安部善三(斉藤暁)、娘の安部さおり(伊藤沙莉)にお願いして休日をもらいました。

 

久しぶりに3人であった幼馴染は、みゆき通りなどを『銀ブラ』して来ました。

 

楽しい一時のあと、時子は2人に「ありがとう」と告げます。どうやら、みね子と三男が励ますために無理をしていたことに気づいていたようです。

 

そんな2人に、時子は胸の内を明かしました。

 

人を感動させる(元気にする)女優を目指していたこと、どこか自分は選ばれた人間だと思っていたこと・・・そして、自分がホシの数ほどいる女優になれない女の子だということです。

 

時子は、すっかり自信をなくしていたのです。

 

すると、三男は「なら女優諦めろ、オレの嫁になれ」と言い出します。

 

時子もムキになり、「絶対ならない、女優になる!」と言い張ります。

 

どうやら、三男はウジウジ考えることをやめさせる目的での発言だったようです。

 

そんな2人のやり取りを、みね子は笑っていました。

 

 

そこから少し離れた場所で、米屋の娘・さおりは3人の様子を羨ましそうに見つめていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第41話の感想

安倍さおりの行動は気になりますね。

 

もしかすると、三男のことが好きな可能性も出てきました。

 

『3人の友情はいつまでも続く』というのは、『ひよっこ』の企画段階で決まっていたことらしいので、そうなる可能性は十分あるでしょう。

 

ということで、必然的にみね子の相手役からは完全に除外されました。

 

みね子の相手役はいつ確定するのか、注目が集まっています。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第42話は5月20日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

スポンサーリンク