2017年5月20日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第7週第42話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第7週は『椰子の実たちの夢』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第42話の内容

茨城県では、谷田部美代子(木村佳乃)、助川君子(羽田美智子)、角谷きよ(柴田理恵)が女子会を開いていました。

 

亭主の愚痴や子供たちとの思い出を語り合います。

 

そして、今は大変な日々なのだろうと思いを巡らせ、涙を流していました。

 

それでも母親として、信じて待つしかありません。

 

今できることは、3人で仲良く女子会をすることだけのようです。

 

 

そして・・・季節は過ぎ、夏となりました。

 

みね子(有村架純)も3ヶ月目に入り、仕事も順調でした。

 

ただ、忙しい日々のせいで、みね子はだんだんと父親のことを考える暇がなくなってきました。

 

それをどこか、後ろめたい気持ちがあったのです。

 

しかし、それを変えることができるわけでもなく、今日も1日が過ぎてしまいました。

 

 

同時刻。東京の雑踏の中で、身なりの綺麗な男性が歩いていました。

 

それは紛れもなく、実(沢村一樹)でした。

 

ただ、そこに田舎者の雰囲気はなく、冷たい表情さえ見え隠れする面構えでした・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第42話の感想

ついに、実が姿を現しましたね。

 

そこにかつての優しい面影はなく、無表情でした。

 

これは、残念な理由で谷田部家と決別した可能性が濃厚となりつつあります。

 

家族思いの父親に何があったのか、ますます気になる部分となりました。

 

朝ドラ『ひよっこ』第7週の第43話は5月22日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

三宅裕司が柏木一郎(和菓子屋の店主)で出演!劇団でも活動する演技派コメディアン

斉藤暁が安部善三(米屋の店主)で出演!トランペットが趣味の踊るスリーアミーゴス

スポンサーリンク