2017年5月23日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第8週第44話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第8週は『夏の思い出はメロン色』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第44話の内容

谷田部みね子(有村架純)は、助川時子(佐久間由衣)、青天目澄子(松本穂香)、兼平豊子(藤野涼子)、秋葉幸子(小島藤子)、夏井優子(八木優希)と一緒に、水着を買いに行きました。

 

お盆に着ていくものであり、女子たちはウキウキしていました。

 

しかし、みね子だけは後ろめたい思いが募っていきました。

 

実家にも帰らず、父親も探せず、1人だけ遊んでも良いのか・・・という気持ちが強くなっていたのです。

 

しかし、郵送されてきたちよ子の絵を見て、その思いはスッと消えました。

 

それは、6人が仲良く海水浴を楽しんでいる絵でした。

 

みね子が実家に送った手紙に「ごめんね」と書いていたので、それに対するメッセージだったのです。

 

その絵を見て、みね子はようやく海水浴を楽しむ気になりました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第44話の感想

綿引正義(竜星涼)は、みね子に会いに来るも、捜索の進展がないことから帰ってしまいます。

 

その後、高島雄大(井之脇海)にみね子の様子を窺う場面がありました。

 

これはもう、完全に私情が出てきていますね。

 

今週は、みね子の恋も動き出すらしいので、ほぼ綿引正義で決まりかもしれません。

 

朝ドラ『ひよっこ』第8週の第45話は5月24日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

スポンサーリンク