2017年5月25日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第8週第46話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第8週は『夏の思い出はメロン色』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第46話の内容

お盆は、角谷三男(泉澤祐希)だけが里帰りすることになります。

 

母の会を立ち上げた谷田部美代子(木村佳乃)、助川君子(羽田美智子)、角谷きよ(柴田理恵)は、東京での暮らしを尋ねます。

 

また、みね子の叔父である宗男(峯田和伸)も、ここぞとばかりにビートルズの情報を聞き出そうとします。

 

三男の里帰りは、質問攻めの日々となりました・・・。

 

 

そして、季節は秋へと移り変わります。

 

みね子(有村架純)は、いつもの仲間たちと一緒に、銭湯の帰り道を歩いていました。

 

すると、トボトボ歩く松下明(奥田洋平)の姿がありました。

 

話かけても「へえ、君たち銭湯かい?」と繰り返すばかりで、どこか上の空でした。

 

その時は、誰も事の重大さに気づいていませんでした。

 

次の日。松下明は女性工員たちに、会社を代表して謝罪しました。

 

今月から給与が1割ほどカットされたのです。

 

原因は、生産台数を調整されてしまったことで、向島電機の売上が落ちてしまったのです。

 

みね子の人生にも、不況のあおりが見え始めていました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第46話の感想

秋は、さつまいもが美味しい季節ですね。

 

昭和だと、これが唯一のスイーツといっても過言ではありませんでした。

 

銭湯上がりにアイスを食べるような感覚で購入しても、不思議ではないのです。

 

さて、ついに向島電機が傾き始めました。

 

これにより、みね子の人生は少しずつ変化していくのです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第8週の第47話は5月26日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

生田智子が福田安江役で出演!若い頃からドラマで活躍する女優のプロフィール

スポンサーリンク