2017年5月29日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第9週第49話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第9週は『小さな星の、小さな光』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第49話の内容

給与が下がり、不安な気持ちだった女性工員たち。

 

しかし、その2日後には、松下明(奥田洋平)の口から1番聞きたくない言葉が飛び出してしまいます。

 

「向島電機は・・・倒産します」

 

みね子(有村架純)は、社会人1年目にして失業を経験することになったのです。

 

それは、仲間たちとの別れも意味していました。

 

再就職については、できる限り力になると言われますが、誰もが不安な気持ちを抱えていました。

 

みね子は、母親宛てに書いていた手紙を出せずにいました・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第49話の感想

オリンピックの反動により、この年だけはどこも不況のあおりを受けることになりました。

 

これはドラマの話ではなく、実際にも起こっていた悲劇となります。

 

みね子はお正月に帰ることができるのか、気になるところです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第9週の第50話は5月30日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

白石美帆がひよっこの竹内邦子で出演!旦那に手料理を振る舞う可愛い奥さん

スポンサーリンク