2017年4月6日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第1週第4話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第1週は『お父ちゃんが帰ってくる』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第4話の内容

谷田部みね子(有村架純)の父親の実(沢村一樹)は『すずふり亭』で昼食を食べることにしました。

 

料理長である牧野省吾(佐々木蔵之介)もカウンター越しから挨拶をするような感じの良いお店でした。

 

ただ、初めてレストランで食事をする実にとっては、メニューを開いてもどれが良いか分かりません。

 

すると、店主である牧野鈴子(宮本信子)が声をかけてくれました。

 

おかげでメニューも決まり、世間話の中で東京に出稼ぎをしていること、出身が茨城であることを話します。

 

仕事のことを聞かれ、建築現場にいることも喋りました。

 

谷田部実は、「なんの自慢にもならないですけどね」とオリンピックの事業を手伝っているだけだと言いました。

 

ところが、牧野鈴子は首を振ります。

 

東京は何もすごくない。出稼ぎの方が作ってくれたからこそ、今の東京はすごくなっている・・・と。

 

「だから、あれはオレが作ったんだって、自慢していいんですよ」

 

そんな言葉をかけられ、実は自分の仕事に自身が持てました。

 

注文したハヤシライスも美味しく、「みんなにも食べさせてやりたい」と口にします。

 

そしてお会計のあと、料理長の牧野省吾がポークカツサンドをお土産に持ってきてくれました。

 

いたく感激する実に、牧野鈴子は「東京、嫌いにならないでくださいね」と励ましの言葉を送りました。

 

 

夕暮れ。実は、ようやく奥茨城村に戻ることができました。

 

みね子、ちよ子(宮原和)、進(高橋來)と一緒に自宅へ帰ります。

 

そして、実家の畑にやってくると、土を手にとり「茨城の土だ」と嬉しそうにしていました。

 

みね子はそんな父親の様子を見て、本当は農家の仕事がしたいのだろうと子供ながらに思っていました・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第4話の感想

会計時にマッチが貰えるサービスは、平成ではすっかり見なくなりましたね。

 

ヘビースモーカーが多かった昭和では、このサービスが人気でした。

 

そして、『すずふり亭』の接客こそ、昭和の良さですね。

 

価値を提供するとは、こういうことを言うのでしょう。

 

また、『すずふり亭』の個性的なキャラクターたちにも全員登場しました。

 

仕事はじめはやる気が出ないウェイトレスの朝倉高子(佐藤仁美)

 

料理長の前だけは気合いを入れるコックの井川元治(やついいちろう)

 

そして、料理長の技術を熱心に見つめる前田秀俊(磯村勇斗)

 

みね子が上京した時にも登場しますので、しっかりと覚えておきましょう。

 

朝ドラ『ひよっこ』第1週の第5話は、4月7日に放送です。

 

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【南海キャンディーズしずちゃん】ひよっこで小祝滋子のキャストとして登場!

やすらぎの郷の放送時間を昼に変更したのは朝ドラひよっこの人気を無視できなったためか?

奥田惠和がひよっこ朝ドラの秘話をインタビューで語る!一話入魂とは?

【ひよっこ朝ドラ】エイプリルフールだから嘘か本当か分からない情報を挙げていく

スポンサーリンク