2017年6月6日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第10週第56話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第10週は『谷田部みね子ワン、入ります』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第56話の内容

みね子(有村架純)は、『すずふり亭』にやってきました。

 

お金が足りるかどうか小銭を調べていると、通行人とぶつかって落としてしまいます。

 

全部拾い集めたつまりだったのですが、10円が足りません。

 

すると、大学生(慶応ボーイ)の島谷純一郎(竹内涼真)が一部始終を見ており、残りの10円を拾ってくれました。

 

ところが、そこからダメ出しが始まります。

 

小銭を手に持って歩かない、捜し方の効率が悪い・・・などを指摘してから去っていきました。

 

色々と思うところがあるみね子でしたが、それでも10円が戻ってきたので文句はありませんでした。

 

『すずふり亭』は営業時間外だったので裏に回ると、いつものように井川元治(やついいちろう)と前田秀俊(磯村勇斗)が外で野菜を切っていました。

 

話をしていると、隣にある中国料理屋『福翠楼』の福田五郎(光石研)福田安江(生田智子)も出てきます。

 

更には、あかね坂商店街の和菓子屋『柏木堂』の店主である柏木一郎(三宅裕司)や息子の柏木ヤスハル(古舘佑太郎)も顔を出し、みね子は顔見知りになります。(ただし、みんな決まって「誰?」と尋ねます)

 

それぞれ店があるので、さっさと帰ってしまいましたが、その時には『すずふり亭』の開店時間となりました。

 

いつものようにコロッケを注文して牧野鈴子(宮本信子)と話していると、自然と失業の事実を打ち明けることになります。

 

すると、鈴子は「うちで働けばいいじゃない」と言ってくれて、みね子は大喜びするのです。

 

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第56話の感想

最後に鈴子が頭を悩ませた理由は、おそらく朝倉高子(佐藤仁美)のことでしょう。

 

高子は、若くて可愛い子(いい女)をライバル視する性格なので、ホール同士だと馬が合わないと思ったのでしょう。

 

ただ、みね子はその『いい女』に該当しないので、事なきを得るようですね。(みね子は納得できない事実ですが・・・)

 

朝ドラ『ひよっこ』第10週の第57話は6月7日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

スポンサーリンク