2017年6月9日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第10週第59話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第10週は『谷田部みね子ワン、入ります』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第59話の内容

みね子(有村架純)と永井愛子(和久井映見)は、お世話になった乙女寮を掃除しました。

 

取り壊されるかもしれない建物でしたが、感謝の意味も込めて掃除をします。

 

そして2人は、紅白歌合戦を見ながら年越しをしました。

 

盛り上がったあと、寝ているみね子を見ながら、愛子は自分にもこれぐらいの子供がいてもおかしくはなかった未来を想像していました。

 

すると、みね子は寝言で「お母さん・・・」と喋るのを聞いてしまいます。

 

愛子は、その時になって初めて、みね子の本当の気持ちに気づきました。

 

次の日。みね子が起きると、愛子はいませんでした。

 

外の中庭で待っていると、愛子が笑顔でやってきました。

 

その手には、お年玉が握られていました。

 

みね子が中身を確認すると、それは茨城行きの切符でした。

 

「とんぼ返りになっちゃうけど、色々と報告したいことあるでしょ?」

 

みね子は愛子に感謝し、茨城行きの汽車に乗ったのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第59話の感想

素晴らしいお年玉でしたね。

 

お金よりも嬉しい中身であり、その優しさが伝わる表現だったと思います。

 

愛子も物語の流れでロスしてしまうので、いなくなるには惜しい人物となりました。

 

いつの日か、また出てくれることを期待しましょう。

 

朝ドラ『ひよっこ』第10週の第60話は6月10日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

スポンサーリンク