2017年6月10日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第10週第60話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第10週は『谷田部みね子ワン、入ります』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第60話の内容

みね子(有村架純)は、奥茨城に帰ってくることができました。

 

祖父の茂(古谷一行)、妹のちよ子(宮原和)と弟の進(高橋來)、そして母親の美代子(木村佳乃)は温かく出迎えます。

 

みね子は東京のことを夢中で話しました。

 

みんなも笑顔で聞いていました。

 

ただ、誰一人として父親の話題を口にすることはありませんでした。

 

父親がいなくなったことに慣れていくようで、少し寂しい気持ちでした。

 

 

次の日。疲れ果てたみね子は、ずっと寝正月を送ります。

 

奥茨城の人々が集まってくるのも気にならず、幸せそうに眠り続けていたのです。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第60話の感想

この感じだと、やはり実の失踪の理由が分かるのは、物語の後半となりそうですね。

 

もしかすると、みね子の右手が飛び出すかもしれません・・・。

 

さて、来週から『あかね荘』での生活が始まります。

 

どんな物語となるのか、楽しみですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第11週の第61話は6月12日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

岡山天音がひよっこの新田啓輔で出演!本名やドラマプロフィールを紹介

浅香航大がひよっこの坪内祐二(漫画家)で出演!マッサンやカノ嘘のドラマで活躍

【シシドカフカ】ひよっこの久坂早苗で出演!前髪が特徴的なドラム演奏者の本名は?

スポンサーリンク