2017年6月14日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第11週第63話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第11週は『あかね荘にようこそ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第63話の内容

朝倉高子(佐藤仁美)にホールの仕事を教えてもらいます。

 

おしぼり、お水、料理の出し方からオーダーの取り方まで説明され、みね子は頭がいっぱいでした。

 

開店前の朝食を食べているとき、牧野鈴子(宮本信子)は「仕事中は上も下もない」と説明しました。

 

間違ったことがあったら、相手が誰であろうと意見を言えばよいと、仕事に対する考え方も教わります。

 

そしてお店が開店すると、仕事初めということもあり、店内にはたくさんのお客さんがやってきます。

 

新人のみね子にとっては、まったくついていけない状況だったのです・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第63話の感想

初日には、よくありがちなシーンですよね。

 

お客さんの要望に応じながら、通常の業務もこなすのは新人には難しいことです。

 

みね子がどんな大ミスをしてしまうのかは、明日になると分かりそうですね・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第11週の第64話は6月15日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

光石研がひよっこの福田五郎(中国料理屋の店主)で出演!バイプレイヤーズなどのドラマプロフィールも紹介

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

スポンサーリンク