2017年6月16日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第11週第65話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第11週は『あかね荘にようこそ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第65話の内容

仕事始めから数日が経ち、みね子もそれなりに慣れてきました。

 

しかし、まだまだ忙しさにはついて行けず、出せる料理もたまっていく一方です。

 

急ごうとした時、ついにみね子は皿を落としてしまいました。

 

休憩時間になってもしょぼくれているみね子に、牧野省吾(佐々木蔵之介)は謝りました。

 

忙しい時には声を荒げる癖があり、それが自分でも嫌だと話し始めます。

 

若い時に料理の勉強をした店では、殴る蹴るが当たり前の職場でした。

 

そうやって教えていく料理が美味いものかと、疑問に思っていたのです。

 

だから、『すずふり亭』では自分の父親のような笑顔の絶えない料理人になりたいと話しました。

 

その話を聞いて、みね子は良い職場に勤められたことを誇りに思いました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第65話の感想

暴力こそないものの、平成の職場でも新人に対する優しさが欠けている人が多い気がします。

 

厳しくすれば人が育つという考え方は間違いであり、信頼関係を築いた後でこそ、怒っても想いが伝わるのです。

 

そして、間違ったことがあったら、たとえ年下であっても謝る・・・これこそ、上司の鑑でしょう。

 

牧野省吾こそ、その理想の上司といえるかもしれませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第11週の第66話は6月17日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

光石研がひよっこの福田五郎(中国料理屋の店主)で出演!バイプレイヤーズなどのドラマプロフィールも紹介

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

スポンサーリンク