2017年6月17日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第11週第66話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第11週は『あかね荘にようこそ!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第66話の内容

久坂早苗(シシドカフカ)は神経質な女性でした。

 

物音が聞こえると、「うるさい!」と怒鳴るようなタイプです。

 

なので、みね子の目覚まし時計にも反応します。

 

そういう性格なので、逆に鳴らない時には気持ち悪くなります。

 

ついにはイライラし、みね子が寝坊する前に起こしたりするのです。

 

台所で4人のアパート住人が顔を合わせたとき、慶応ボーイの島谷純一郎(竹内涼真)が「2人、仲が良いんですね」と久坂早苗に声をかけました。

 

それすらも気に障ったのか、以前から島谷の態度が気に入らない話を始めます。

 

その理由は佐賀の御曹司で、一般の人々を上から見ているからだと言うのです。

 

漫画家志望の新田啓輔(岡山天音)が止めようとしますが、「貧乏神、漫画やめろ。田舎の母親が就職先を探してくれてるんだろ?」と、とばっちりを受けてしまいます。

 

すると、島谷も反撃とばかりに「そんな性格だから、お見合いを断られてしまうんですよ」と言います。

 

にらみ合う2人でしたが、みね子は不思議でしょうがありませんでした。

 

いつも話しを避けているようなアパート住人たちが、何故それぞれの事情に詳しいのか分からなかったからです。

 

皆もそれに気づいたようですが、その疑問は大家の様子を見るとすぐに分かりました。

 

大家はそれぞれの実家に電話をし、楽しくお喋りをしていたのです。

 

ただ、その目的は美味しいものを送ってもらうことだったのです。

 

自分の実家に電話がないことが、初めてラッキーだと感じたみね子なのでした・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第66話の感想

大家さん、なかなか曲者のようですね。

 

さて、来週からはもう1人の漫画家の坪内祐二(浅香航大)が登場します。

 

牧野省吾と仲の良い竹内邦子(白石美帆)や娘の牧野由香(島崎遥香)も出てきます。

 

これで、赤坂のキャラクターはすべて登場することになります。来週が楽しみですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第12週の第67話は6月19日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

光石研がひよっこの福田五郎(中国料理屋の店主)で出演!バイプレイヤーズなどのドラマプロフィールも紹介

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

スポンサーリンク