2017年6月19日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第12週第67話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第12週は『内緒(ないしょ)話と、春の風』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第67話の内容

仕事にも慣れ、みね子は充実した毎日を送っていました。

 

自分に余裕が出てきたので、みね子は他の人のことに目を向けるようになります。

 

中庭で仕込みをしていた前田秀俊(磯村勇斗)に、コックになった理由を尋ねると、家族の話をされました。

 

家族が仕事で忙しいため、自分で料理を作っているうちに好きになり、いつか店を出したいという夢も語ってくれました。

 

その時、慶応ボーイの島谷純一郎(竹内涼真)が通り、秀俊に挨拶をして去りました。

 

みね子はすかさず、「アパートの住人と仲良くなるには、どうしたらいいでしょうか?」と秀俊に質問します。

 

すると、島谷は真面目で良い奴だと教えてくれました。

 

料理を作れるようになりたいから教えて欲しいと頼み込んできたり、どこか自立したい気持ちがあるようです。

 

物事を上から見る、お金持ちのお坊ちゃんというわけではなかったのです。

 

 

人には人の事情があることに、みね子は今更ながらに気づいたのでした・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第67話の感想

さて、今回は色々と気になることがありましたね。

 

まず、島谷はみね子をじっと見つめていました。

 

そして、みね子は秀俊をじっと見ていたのです。

 

これは・・・もしかすると、昭和の三角関係が始まる予感かもしれませんね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第12週の第68話は6月20日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

光石研がひよっこの福田五郎(中国料理屋の店主)で出演!バイプレイヤーズなどのドラマプロフィールも紹介

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

スポンサーリンク