2017年6月21日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第12週第69話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第12週は『内緒(ないしょ)話と、春の風』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第69話の内容

漫画家の相棒である坪内祐二(浅香航大)は、帰って来なかった理由を話し始めました。

 

実家の職場で怪我人が出てしまい、手伝う必要があったそうです。

 

ただ、それは10日だけの話で、2ヶ月間も帰って来なかったのは取引先の女性に恋をしていたからでした。

 

顔立ちが内藤洋子似であると知り、島谷純一郎(竹内涼真)も納得してしまいます。

 

バカバカしいので、みね子と久坂早苗(シシドカフカ)は帰ろうとすると、新田啓輔(岡山天音)はみね子を引き止めました。

 

なんと、自分たちの漫画を見た感想を教えて欲しいというのです。

 

みね子は藤子不二雄を知らないような素人のため、誰よりも読者の立場に近いと思ったからです。

 

みね子は漫画を見ますが、まったく面白くありませんでした。

 

しかし、これを頑張って書いてきたのだろうかと思うと笑いがこみ上げてしまい、最後には可哀想で泣いてしまいました。

 

「頑張ってください・・・」

 

みね子の想いとは裏腹に、2人の漫画家は感動している様子でした。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第69話の感想

みね子の言動が少し気になりましたね。

 

島谷が内藤洋子が好きと聞くと、かなり動揺していたように見えました。

 

もしかすると、ちょっと気になっているのかもしれませんね。

 

漫画家コンビのほうも、このエピソードでどう変わるのか気になりますね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第12週の第70話は6月22日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

光石研がひよっこの福田五郎(中国料理屋の店主)で出演!バイプレイヤーズなどのドラマプロフィールも紹介

【諏訪太朗】ひよっこ石鹸の原田社長で出演!仮面ライダーやあまちゃん、まれの俳優

サブキャラで復活して欲しい人物NO1は『しずちゃん』であることが判明

スポンサーリンク