2017年6月22日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第12週第70話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第12週は『内緒(ないしょ)話と、春の風』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第70話の内容

新田啓輔(岡山天音)坪内祐二(浅香航大)は、みね子のことを『みね子さま』と呼ぶようになりました。

 

漫画をお世辞で褒めたばかりに、慕われてしまったのです。

 

久坂早苗(シシドカフカ)島谷純一郎(竹内涼真)も同じ敬称で呼ぶようになり、みね子は少しうんざりです。

 

 

ただ、島谷は「人を褒めることは良いことだよ」とみね子の行動を擁護しました。

 

2人の漫画家は否定される人生だったので、褒める人間も必要だというのです。

 

その言葉に、みね子は少しキュンとしていました。

 

 

次の日。みね子は休憩中に牧野省吾(佐々木蔵之介)に呼び出されます。

 

封筒を取り出すと、喫茶店にいる娘の牧野由香(島崎遥香)に渡して欲しいと頼まれます。

 

ただし、このことは秘密にするよう口止めされました。

 

とりあえず喫茶店に向かうと、由香が感じの悪い態度で座っていました。

 

封筒を受け取ると、何事もなかったかのように立ち去ります。

 

そこには、ランチ代の伝票が残されていました。

 

みね子は泣く泣く支払って『すずふり亭』に戻ると、今度は牧野鈴子(宮本信子)に呼び出されます。

 

またしても「これは内緒にして」と言われ、封筒を渡されたのです・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第70話の感想

みね子の相手役は、島谷が濃厚となってきましたね。

 

ただ、家柄のせいで付き合うのは大変そうな予感があります。

 

さて、ようやく牧野由香が登場しました。

 

思っていた以上にアプレ娘みたいですが、親族はそんな娘に甘いようですね。

 

朝ドラ『ひよっこ』第12週の第70話は6月23日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク