2017年6月24日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第12週第72話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第12週は『内緒(ないしょ)話と、春の風』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第72話の内容

『月時計』のバーで、牧野省吾(佐々木蔵之介)はみね子に牧野家のことを打ち明けました。

 

省吾が戦争から戻ると、お店は焼け、父親が亡くなっていました。

 

牧野鈴子(宮本信子)とドビソースが残ったおかげで、『すずふり亭』は復興することができました。

 

しかし、それは由香(島崎遥香)の母親のおかげもありました。

 

頑張り屋であり、体が辛くても何も言わずに働いてくれる女性でした。

 

そして、やっとお店が有名になったというタイミングで、倒れてしまったのです・・・。

 

帰らぬ人となったことで、由香は2人のせいで母親が亡くなったと思うようになり、家から出て行ったのです。

 

戦後になっても、戦争が終わることはない・・・みね子は、そのことを知る機会となりました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第72話の感想

由香はお金に困っているわけではなく、ただ「私を忘れるな」という意味で接触しているようですね。

 

悲しくも、どこか親子の絆のようなものを感じるエピソードでした。

 

さて、来週は実の失踪が明らかとなります。

 

朝ドラ『ひよっこ』第13週の第73話は6月26日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク