2017年6月26日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第13週第73話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第13週は『ビートルズがやって来る』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第73話の内容

『すずふり亭』が閉店する頃、田舎に戻ったはずの綿引正義(竜星涼)がやってきました。

 

警察の同僚で実(沢村一樹)の情報を得た人物がいたため、訪ねていたそうです。

 

窃盗犯が捕まったのですが、その人物が実からお金を奪ったことも自供したのです。

 

その時期が実の失踪時期と関係しているため、出稼ぎ労働が嫌でいなくなったわけではないことが判明したのです。

 

その事実だけでも、みね子は救われた気持ちでした。

 

 

次の日、綿引から知らされた谷田部美代子(木村佳乃)がみね子に電話をかけました。

 

みね子と美代子は、実のことを想い、涙を流しました。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第73話の感想

やはり、大きな進展とはなりませんでした。

 

実が窃盗に巻き込まれたことは、ある程度の予想ができていたからです。

 

では何故、そのまま失踪してしまったのか・・・そこが重要となります。

 

戻れない理由がなんなのか・・・明かされるのは、もう少し先のようです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第13週の第74話は6月27日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク