2017年6月27日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第13週第74話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第13週は『ビートルズがやって来る』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第74話の内容

みね子が電話をしているところを、あかね荘の住人たちは聞いていました。

 

みね子の父親が失踪していることを知ると、何故か久坂早苗(シシドカフカ)は不機嫌になります。

 

その後、食堂で集まっていると、みね子がやってきました。

 

すると、単刀直入に「父親が失踪しているのか?」と早苗は尋ねます。

 

その後も失礼な事ばかりを口にするので、みね子は「なんでそんなことを言わないといけないんですか!」と怒り出します。

 

しかし、その理由は島谷純一郎(竹内涼真)がよく理解していました。

 

いつも無表情で分かりにくい早苗ですが、仲良くなれたみね子を友達だと思っており、秘密があったことに腹が立っていたのです。

 

みね子はご飯を食べながら、今までのことをすべて話し始めました。

 

最後まで聞いた早苗は「この東京で1人の人間を探すのは難しいが、この漫画家どもがデビューするよりは確率が高いだろう」と、新田啓輔(岡山天音)坪内祐二(浅香航大)の漫画コンビを例え話に使い、笑いを誘いました。

 

みね子の顔に笑顔が戻った瞬間でした。

 

 

数日後、みね子のもとに電報が届きました。

 

それは宗男(峯田和伸)からでした。

 

『ビートルズ ガ ヤッテクル』

 

みね子には意味不明でした。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第74話の感想

早苗の優しさは、非常に分かりにくいですね。

 

ただ、昭和にもこういった女性はいたのかもしれませんね。

 

そして、大家の立花富(白石加代子)がみね子に食べ物を与えるとは思いませんでした。

 

もっとも、「まずくはないでしょ?」と言っていたので、それほど好物ではなかったのかもしれませんが・・・。

 

朝ドラ『ひよっこ』第13週の第75話は6月28日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク