2017年6月30日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第13週第77話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第13週は『ビートルズがやって来る』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第77話の内容

結局、みね子はビートルズのチケットを手に入れることができませんでした。

 

その落ち込む姿を、島谷純一郎(竹内涼真)はずっと気にかけていました。

 

 

その夜。みね子がアパートに戻ろうとすると、何故か宗男(峯田和伸)が目の前に現れました。

 

なんと、バイクで1日かけて茨城県からやってきたというのです。

 

チケットはないのですが、居ても立っても居られずに来たようです。

 

大家の立花富(白石加代子)を食べ物で説得し、部屋を借りてしまいました。

 

果たして、宗男はビートルズの公演を見ることができるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第77話の感想

宗男の行動力は、とんでもないですね。

 

黙って来てしまったようなので、鬼嫁に何を言われるのか分かったものではありませんが・・・。

 

ただ、島谷が何やら決意した顔をしていたので、もしかしたらチケットが手に入るかもしれませんね。

 

問題は、宗男の分だけか、みね子も行けるのか・・・というところでしょうか。

 

朝ドラ『ひよっこ』第13週の第78話は7月1日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク