2017年7月1日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第13週第78話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第13週は『ビートルズがやって来る』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第78話の内容

東京にやってきた宗男(峯田和伸)は、みね子と一緒に実(沢村一樹)が目撃されたという通りにやってきました。

 

すると、宗男は突然、大声で叫びました。

 

兄である実に対して、ずっと溜めていたことを叫んだのです。

 

みね子もまた、今までのモヤモヤを晴らすように、大きな声で「お父ちゃーん!」と叫びました。

 

 

あかね荘のアパートに戻ってくると、宗男は住人たちを前に、ビートルズの素晴らしさを熱く語りました。

 

思っていることを声に出す大切さを教えてもらったからです。

 

チケットがなくても、東京で一緒にいることが大事だと言いました。

 

ただ、島谷純一郎(竹内涼真)はチケットをどうにかできないかと、考えを巡らせていました・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第78話の感想

みね子が送った手紙を読んだ宗男は、島谷を王子様みたいな人だと思ったそうです。

 

これはもう、みね子の相手役になる可能性が最も高いといえるのではないでしょうか?

 

今後の2人の展開が楽しみですね。

 

そして、しずちゃんも東京にやってくる可能性が出て来たので、面白くなりそうです。

 

朝ドラ『ひよっこ』第14週の第79話は7月3日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク