2017年4月10日に放送された連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第2週第7話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第2週は『泣くのはいやだ、笑っちゃおう』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第7話の内容

父親の実(沢村一樹)が東京に戻ってしまいます。

 

その日の朝食は寂しいものでしたが、みね子(有村架純)、ちよ子(宮原和)、進(高橋來)は泣かない約束をしていました。

 

当時流行った、ひょっこりひょうたん島の歌詞『苦しいこともあるだろさ、悲しいこともあるだろさ、だけど僕らはくじけない。泣くのはいやだ、笑っちゃおう』で奮い立てていました。

 

ただ、美代子(木村佳乃)、茂(古谷一行)が黙々と食べているので、みね子は明るくしようと聖火リレーの話をしました。

 

東京オリンピックで行われる聖火リレーは、日本全国を周ることを学校で聞いたからです。

 

茨城県のコースは奥茨城村からは離れていましたが、筑波山の近くを通り、「そこから東京へ向かうんだよ」とみね子は言います。

 

うっかり『東京』という単語を使ってしまい、大人たちは更に沈黙してしまいました。

 

しかし、父親の実にはその優しさが伝わっていました。

 

みね子が学校に行くとき、「おとうちゃん頑張ってください」と別れを告げると、実は娘の頬っぺたを触りながら返事をしました。

 

結局、ちよ子と進は最後には泣いてしまいました。

 

「正月には戻ってくるから」と答え、実は見送りの美代子と一緒に駅へ向かいます。

 

その時、2人は手を繋いでいました。

 

 

谷田部実は東京に戻ると、まず『すずふり亭』に寄りました。

 

ポークカツサンドをもらったお礼に、嫁が作った饅頭を持ってきたのです。

 

店主である牧野鈴子(宮本信子)牧野省吾(佐々木蔵之介)はお礼を言い、「いい人だな」と口にしていました。

 

 

その後、出稼ぎ労働者の宿舎に戻ると、仲間に「あんた、稼いだ金はどうしてる?」と尋ねられました。

 

なんと、出稼ぎ労働者を狙ったスリが多発しており、被害防止の呼びかけだったのです。

 

郵送していると話すと、「郵便局まで、気をつけたほうがいい」と忠告されました・・・。

 

続く。

スポンサーリンク

『ひよっこ』第7話の感想

今では、テレビ電話やスカイプといった便利なものが登場していますが、昔にそんなものはありません。

 

子供たちの悲しい気持ち、痛いほど分かりますね。

 

また、聖火リレーの話が登場していました。

 

角谷三男(泉澤祐希)も新聞で確認しており、奥茨城村でもできないだろうか?と構想を練り始めるのです。

 

第2周の見せ場となるので、ぜひ注目しておきたいところですね。

 

そして、不穏な話も登場していました。

 

スリに遭う・・・もしかすると、実の失踪と何か関係があるのかもしれません。

 

朝ドラ『ひよっこ』第2週の第8話は、4月11日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

ガチョーンの意味や使い方は?谷啓のギャグは昭和で大流行

宗男(峯田和伸)がひよっこのキーマンになりそうな予感!変なおじさんではない?

【南海キャンディーズしずちゃん】ひよっこで小祝滋子のキャストとして登場!

やすらぎの郷の放送時間を昼に変更したのは朝ドラひよっこの人気を無視できなったためか?

奥田惠和がひよっこ朝ドラの秘話をインタビューで語る!一話入魂とは?

スポンサーリンク