2017年7月4日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第14週第80話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第14週は『俺は笑って生きてっとう!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第80話の内容

みんなで赤飯を作っているとき、牧野省吾(佐々木蔵之介)は宗男(峯田和伸)に戦争について尋ねました。

 

すると、宗男はインパール作戦の生き残りだったことを告げます。

 

それは、日本軍が大敗した作戦でした。

 

宗男は逃げているとき、1人のイギリス人に出会います。

 

お互い銃を構えて動きませんでしたが、にっこりと笑って消えてしまいました。

 

どうして笑ったのかは分かりませんでしたが、彼は声をかけてきた仲間の元へと去っていったのです。

 

宗男は悔しい思いをしたそうです。

 

自分も笑えばよかった・・・と。

 

だから、宗男は笑って生きることに決めたのです。

 

そう思っていた矢先のビートルズの来日であり、イギリス人の彼らに「オレは生きてるぞ」と出会ったイギリス兵の代わりに言いたいのです。

 

みね子は、叔父の決意に心打たれたのでした・・・。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第80話の感想

インパール作戦は実際に起こった戦いであり、亡くなった日本人も多くいた悲しいものでした。

 

ドラマとはいえ、視聴して心苦しい方も多くいたことでしょう。

 

戦争を2度と起こしてはならない・・・そういった意味では、語る必要のあったエピソードだったのかもしれません。

 

宗男が本当は心の強い男性だったことが分かる話となりました。

 

朝ドラ『ひよっこ』第14週の第81話は7月5日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク