2017年7月7日に放送された、連続テレビ小説の朝ドラ『ひよっこ』第14週第83話の感想とあらすじのまとめ記事です。

 

第14週は『俺は笑って生きてっとう!』です。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第83話の内容

宗男(峯田和伸)が茨城に帰ることになりました。

 

島谷純一郎(竹内涼真)には「みね子を頼む」といい、コックの井川元治(やついいちろう)とは熱い抱擁をして別れました。

 

最後に、みね子には「ローリングストーンズって知ってるか?」と話が脱線します。

 

しかし、それはつまり、来日したらまた会いに来るという意味でした。

 

『すずふり亭』の従業員たちに「みね子をよろしくお願いします」と頭を下げ、宗男は去っていきました。

 

仕事に戻ったとき、みね子は『すずふり亭』で見覚えのある重箱を見つめます。

 

それは、実(沢村一樹)が「また、あとで取りに来ます」と言い残した重箱でした。

 

「私はね、約束したの。だから、必ず来てくれると信じてるの」

 

牧野鈴子(宮本信子)に微笑まれ、みね子は重箱を渡したのでした。

 

スポンサーリンク

『ひよっこ』第83話の感想

次はローリングストーンズですか、さすがとしか言いようがありませんね。

 

さて、放送の最後に実が『すずふり亭』の前を通りましたね。

 

あれはどこか、懐かしいものを見るような目をしていました。

 

しかし、来店はしませんでした。やはり、理由があるようです。

 

その理由は、こちらで考察しています▼

実お父さんの失踪が記憶喪失である可能性大!

 

朝ドラ『ひよっこ』第14週の第84話は7月8日に放送です。

『ひよっこ』感想あらすじのカテゴリーに戻る

 

注目トピック

竹内涼真がひよっこの島谷純一郎役で出演!歌が上手い俳優のプロフィール

古舘佑太郎がひよっこの柏木ヤスハルで出演!ラヴソングがカラオケで歌われている

朝ドラ『ひよっこ』のモデルは1964年の若者たち!集団就職とは、いつからいつまで続いたものなのか?

スポンサーリンク